ニキビは病院に行った方が良い?

ニキビ治療のためには病院に行く方が早くきれいに治ります。初期の段階で行く方が良いので、検討しましょう。

ニキビは病院に行った方が良い?

10代の頃からずっとニキビに悩まされているという人は意外と多いようです。

ニキビができていない時がないという人は、何とかして治したいと市販の治療薬を使ったり、ニキビ用の化粧品を使っているのではないでしょうか。

しかしこれが間違った方法だとニキビが治るどころか、ひどくなることがあります。

★受診率が低い日本

日本ではニキビ治療のために病院に行く人がとても少ないようです。

世界的に比較しても、日本の受診率がとても低いと言われているのです。

そのため、チョコレートやピーナッツを食べ過ぎたらニキビができるとか、皮脂を取らないとニキビができるといった誤った認識でかえってニキビを悪化させていることがあります。

★ニキビ治療は病院へ

ニキビ治療で皮膚科に行くなんて、という考えの人がまだまだ多いようです。

しかしニキビはれっきとした皮膚病です。

重症になってから行くものと思われているようですが、ひどくなってから行くとそれだけ治療に時間も費用もかかってしまいます。

ニキビの初期の段階から病院に行って治療した方が、早くきれいに治ります。

★ニキビ専門病院もある

一般の皮膚科でニキビ治療はできますが、東京の新宿にはニキビ専門の病院がいくつかあります。

一人一人の症状に合わせた治療を行ってくれますので、より良い効果が期待できます。

どの病院も新宿駅に近いところにありますので、通うのも便利です。

ニキビ専門の美容皮膚科などは、自費診療のところがほとんどですから、受診する前に確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加