ニキビができやすい場所とケア方法

ニキビができやすい場所とその原因、ケア方法についてです。自分でケアしても改善しないなら新宿にあるニキビ治療専門クリニックに相談しましょう。

ニキビができやすい場所とケア方法

大人になってからのニキビは、できる場所によって原因や対策方法が違うのはご存知ですか。

原因はストレスや生活習慣の乱れなどがあるのですが、ニキビができやすい場所とその原因、ニキビ治療の方法についてまとめました。

★ニキビができやすい場所は

ニキビができやすいと言われている場所は、生え際、Tゾーン、頬、鼻、口回り、フェイスライン、胸元、背中、お尻、頭皮の10カ所です。

Tゾーンや鼻、背中、胸元は皮脂の分泌量が多いためにできやすい場所です。

生え際はストレスやシャンプーなどのすすぎ残しなどが原因です。

頬は乾燥していますが男性ホルモンの影響でできやすいと言われています。

フェイスラインもホルモンバランスが関係しています。

口回りにできるのは暴飲暴食をした時などにできやすいです。

お尻は角質が厚くなっていることや、下着で蒸れてしまうためにできやすいと言われています。

頭皮はシャンプーのしすぎや髪が濡れたまま寝てしまうのが原因でニキビができます。

★ニキビ治療はどうする

ニキビができる場所によって原因が違うのは、どのように治療していくのでしょう。

皮脂が多いからと1日に何度も洗顔する人がいますが、これはかえって逆効果です。

新宿にあるニキビ治療のクリニックなどに相談に行っても、洗顔のし過ぎはダメだと言われるでしょう。

洗顔は1日2回が適当です。

また、ホルモンバランスを整えることも大切です。

そのためには生活リズムを整えることになります。

★皮脂分泌量が多いところは注意

ニキビはできる場所によって原因が違うのですが、とにかく皮脂分泌量が多いところにできやすいので注意することです。

自分でも気をつけているのになかなかニキビが良くならない場合は、ニキビ治療専門病院が新宿にありますので、相談に行くと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加